サイトメニュー

それぞれの違いを知ろう

女性

似て非なる精神科と心療内科

心の病気を改善させたいと考えて病院を探す時、多くの人が見つけるのが「精神科」と「心療内科」だと思います。しかし、どちらも同じような治療をするのではないかと考えている人が多いため、実際にどこに受診すればいいのか迷ってしまう事も少なくありません。実はこの2つには基本的治療方法に大きな差はありません。薬物療法や精神療法を中心に治療を行うのはどちらも同じなのですが、専門分野が大きく異なってきます。心が身体に影響を及ぼす心身症を治療する事が主な専門とされているのが「心療内科」、統合失調症やうつ病などの心が心にもたらす影響の疾患を治療する事が主な専門となるのが「精神科」になります。また、精神科では精神病以外にも「神経症性障害」「発達障害」「認知症」などの精神疾患と呼ばれる全ての治療を行う事ができます。しかし最近では心療内科と精神科が併設されているクリニックも件数を増やしており、両方の科の専門医がそれぞれの問題をカバーし合う環境を作り上げています。なぜそのような環境創りがされているのかというと、治療の窓口を広げているだけでなく来院する患者さんへの「精神科訪問」という抵抗を緩和させる効果があるからです。どちらの科へ受診すれば良いのか分からないと感じている場合は、どちらの窓口を選んでも間違いではありませんので自分の通いやすい病院やクリニックを見つける事が大切です。また、基本的に精神科と心療内科には風邪は内科、怪我は外科と言った「こういった人が行くべき」といった基準が設けられていません。人によって症状や辛さの大きさも異なるため、「この程度に至っていないのであれば受診しなくても大丈夫」という基準もありません。心の問題は自然治癒では改善できない事が多いと言われていますので、精神科心療内科では受診する人の何に対して辛くて我慢できないと考えている状態を改善させる手助けをするという考え方で治療を行っています。しかしやはり基準が無いと診察をお願いする事は出来ないと思いますので、心療内科では「喉のつかえるや動機がする」「不眠が続いたり食欲がわかない」などの身体に出てくる症状が心のSOSサインと考えています。また、精神科では「最近疲れやすい」「なんで生きているのかとネガティブになる」などのネガティブ思考が続く事が心のSOSサインと考えている場合が多いです。しかしどちらにも共通しているのが、「心の病は病気」という点です。そのため、他の病気と同じように「早期発見・早期治療」が大切だと考えられています。長い時間そのままにしてしまえば、治すのにもそれだけ時間がかかってしまいます。「うつ病は自分の心が弱いから」という考えを持つのではなく、病気になったから早めに治そうという気持ちを持って精神科心療内科を受診する事で早めに改善も出来ますし、何より病状悪化や早期治療、再発予防などにも大きく繋がってきます。うつ病は発見が早ければ早いほど改善までの時間も短くなるので、患者さんの負担を減らすという点でも異変を感じたらすぐに精神科心療内科へ相談してみましょう。

Copyright© 2019 意外と知らない精神科と心療内科の違いについて紹介! All Rights Reserved.