サイトメニュー

うつ病改善には助けが必須

聴診器

家族が寄り添う事で見える活路

心の病は風邪や怪我などのように目に見えない病気になります。そのため、自分以外の相手には理解してもらえない点なども多い事から一人で解決しようとする患者さんが多くいます。しかし精神科と心療内科ではそういった時こそ第三者の助けが必要と考えています。例えば家族と共に生活している場合、一人で頑張っていても状況を知らない家族からは「甘え」「サボり」などの状態に見えてしまう点が多いために、衝突してしまう原因に繋がります。また、家族も詳しい状況を知らないままでは無意識に間違った結果を生んでしまう事があります。特にうつ病などの心の病気を抱えている患者さんはこれまでに「頑張りすぎてしまった」事が原因になっている事が多くあります。そんな相手に「頑張ってね」と声をかけてしまうのは自分が周囲の期待に応えられていないと考えてしまい、更に状態を悪化させてしまう事があります。精神科と心療内科ではそういった心の病と戦っている家族の手助けをしたいが、どうすればいいか分からないという方のために適切な対応方法を教えてくれる事があります。もちろん中には有料の受講となってしまう場合もありますが、共に診察に訪れる事で、患者さんが診断を受けている間に家族はどういった心がけをすればいいのかなどのアドバイスを行う病院・クリニックもあります。また、正しいうつ病の対策を知らなければせっかく改善のために処方されている薬や治療を中断させてしまう事などにも繋がってしまいます。精神科と心療内科での治療は多くが長期間継続して行う事に意味があるため、途中で中断してしまうとこれまでの頑張りがリセットされてしまう恐れがあります。最悪治療を受ける前よりも症状が悪化してしまう可能性も少なくないため、間違った判断に繋がる前に家族もきちんとした治療の流れを知っておく必要があります。なにより、心の病気に関する正しい知識がない状態でうつ病患者と接してしまうと負の連鎖が発生してしまい、共に暮らす家族までも心の病気になってしまう可能性も、精神科と心療内科の専門医は考えています。最近では無料相談窓口を設けている病院・クリニックも増えてきていますので、自分達では解決が難しい、解決したいけどどうすればいいのか分からないなどの悩みを相談する事もできます。また、精神科と心療内科では相談に応じてカウンセリングの場を設けてくれる事もありますので何事も相談してみる事が大切です。こういったカウンセリングなどで正しい情報を知る事で、うつ病改善後の再発予防を家族でサポートする事も出来ますし、どのように回復していくかなどの流れも知る事ができるのでサポートする家族も安心する事が出来ます。また、うつ病患者の家族の中には自分のせいでこうなってしまったのではないかという考えを持ってしまう事もありますので、専門機関に相談する事でなぜこういった問題が生まれるのかを知り、自分自身や患者を攻めるのではなく前に進むための対策を考える活路をお互いに見つけ出す事ができるようになります。

Copyright© 2019 意外と知らない精神科と心療内科の違いについて紹介! All Rights Reserved.