サイトメニュー

うつの症状はこんなにある

看護師

9つの症状からうつ病を見抜く!

うつ症状というのは専門医でも判断が難しいと言われています。そのため、精神科と心療内科ではカウンセリングを重ねる事で患者さんの心の変化を知り、うつ病と判断できる基準と照らし合わせる事で治療方法や処方する薬を選んでいきます。では、その判断基準とは一体どういったものがあるのでしょうか。専門医が照らし合わせる項目は実は見た目は健康的に見えている人でも毎日症状が現れていると考えられています。まずは「抑うつ気分が続く」という症状です。一時的な気持ちの浮き沈みは健康な人でもある事ですが、うつ病の場合は今や将来に希望を持つ事ができなかったり、物事を悲観的に捉えてしまい気持ちが落ち込んでしまうような状態が長い期間続いてしまいます。また、この症状が出やすいのが朝方で、夕方に行くに連れて症状が改善される事から「日内変動」と呼ばれ、うつ病に見られる特徴とされています。その他にも「興味や喜びが喪失」「食生活の乱れ」「不眠や加眠などの睡眠障害」「精神運動の低下」「思考力や集中力の低下」「無気力状態」「自身を過小評価する」が挙げられています。これらの症状は症状が軽い場合は日常生活に支障が出ないものもありますが、症状が重くなると日常生活を送るのも困難になると言われています。また、今まで当たり前のように仕事や勉強が出来ていた人達は目に見えてその変化が現れるために、そこから「サボっている」などの間違った考えに繋がってしまうため、その状態が更にうつ症状を加速させてしまいます。また、周りの反応から自分自身でも「甘え」「サボっている」というマイナスの感情が出てきてしまい、改善されるどころか悪化させる結果になってしまう事があります。そしてうつ病患者と呼ばれる人達の殆どが陥ってしまうのが「自殺念慮」です。うつ症状により激しく気持ちが落ち込んでしまったり、希望を見出せなくなってしまうと死んだほうが楽になるのではないかという考えが浮かんでしまいます。このような考えが浮かんでいる時は注意が必要ですが、最も注意しなくてはいけない状態は「症状が緩和されてきたかな」と感じたタイミングになります。うつ病は症状が重ければ重いほど「死にたい」と考えていても、行動に移す気力が低下しているため、死ぬ気力が生まれません。しかし、症状が少し緩和されてしまうとふとした拍子に「死にたい」と感じてしまうとそのまま行動に移してしまう事があります。そのため、精神科と心療内科の専門医は患者さんの症状が改善に進んでいるなと感じた時ほど注意深く見守っているとされています。また、精神科と心療内科の違いとしてこの症状緩和方法もあると言われています。両方共に症状が緩和されると見守るという形は変わりませんが、心療内科では症状が緩和され始めると薬の量を減らし、日常から「楽しみ」を見つけて代用するという考えがあります。しかし、精神科では心の症状の具合によっては症状が良くなっていても薬の量が変わらなかったり、新しい薬を使用する事もあります。しかしどちらも心の症状を緩和させるために行われる大切な治療となりますのでどちらかが間違っているというのではなく、その人に合わせた適切な治療方法と考えましょう。

Copyright© 2019 意外と知らない精神科と心療内科の違いについて紹介! All Rights Reserved.